サタデー・ナイト・ライブ

日本の伝説的バラエティ番組『オレたちひょうきん族』も、この番組をお手本として作られたともいわれている、アメリカの超長寿バラエティ番組サタデー・ナイト・ライブ。ブルースブラザースの名コンビジョン・ベルーシとダン・エイクロイドをはじめ、ゴーストバスターズのビル・マーレイやオースティン・パワーズのマイク・マイヤーズなどのコメディアンであり秀逸な俳優陣を輩出している。
コメディアンだけでなく、著名なミュージシャンの登場もこの番組の素晴らしさがある。ポール・サイモンや、スティングなども数多く出演していることからも番組の歴史の深さがわかる気がする・・。

サタデー・ナイト・ライブ 』( Saturday Night Live , SNL )は、 アメリカ NBC で、 1975年 10月11日 より毎週 土曜日 の23時30分から25時00分(ET、 JST :日曜13時30分 - 15時00分、夏時間は1時間繰り上げ)に 生放送 されている、深夜90分の公開 コメディ バラエティ番組 。2012年9月15日より 第38シーズン が放映されている。

ナレーション

オープニングのナレーションはNBCのベテラン・アナウンサー、 ドン・パルド が担当している。シーズン7を除く全てのエピソードのナレーションを担当し、2004年にNBCを退社後も2010年まではナレーションの収録のために毎週 アリゾナ州 の自宅からニューヨークへ通っていた。90歳を超えた現在はアリゾナ州の自宅で収録している。 ドン・パルドのスケジュールが合わない時は、元キャストメンバーのダレル・ハモンドの物まねで対応している。

責任重大Bride's Made

出演者

現在のレギュラー・準レギュラー

出演者は不定期に入れ替わる。新人は準レギュラーから始めて、キャストの降板に伴いレギュラーに昇格する。上述の経緯からセカンド・シティの出身者が多い。

シーズン38
  • レギュラー(Repertory players)
    • フレッド・アーミセン ( 2002年 -)
    • ヴァネッサ・ベイヤー ( 2010年 -)
    • ビル・ヘイダー ( 2005年 -)
    • タラン・キラム (2010年-)
    • セス・マイヤーズ ( 2001年 -)
    • ボビー・モイニハン (2008年-)
    • ナンシム・ペドラド ( 2009年 -)
    • ジェイ・フェロー (2010年-)
    • ジェイソン・サダイキス (2005年-)
    • キーナン・トンプソン ( 2003年 -)
  • 準レギュラー(Featured players)
    • アイディー・ブライアント (2012年-)
    • ケイト・マキノン (2012年-)
    • ティム・ロビンソン (2012年-)
    • セシリー・ストロング (2012年-)

(太字はヘッドライター、WeekendUpdateのみの出演)

笑ってください!腹の底から!

過去の出演者

サタデーナイトライブの出演者一覧(en) 参照

  • ダン・エイクロイド (1975年-1979年)※オリジナルキャスト
  • ジョン・ベルーシ (1975年- 1979年 ) ※オリジナルキャスト
  • チェビー・チェイス (1975年-1976年) ※オリジナルキャスト
  • ジェーン・カーティン (1975年-1980年) ※オリジナルキャスト
  • ギャレット・モリス (1975年-1980年) ※オリジナルキャスト
  • ラレイン・ニューマン (1975年-1980年) ※オリジナルキャスト
  • ギルダ・ラドナー (1975年-1980年) ※オリジナルキャスト
  • ビル・マーレイ (1976年-1980年)
  • アル・フランケン (1976年-1980年)※2009年よりアメリカ合衆国上院議員
  • ピーター・エイクロイド (1979年-1980年) ※ダン・エイクロイドの弟
  • エディ・マーフィー ( 1981年 - 1984年 )
  • ジュリア・ルイス=ドレイファス ( 1982年 - 1985年 )
  • ジェームズ・ベルーシ ( 1983年 - 1985年 ) ※ジョン・ベルーシの弟
  • クリストファー・ゲスト ( 1984年 - 1985年 )
  • ロバート・ダウニー・Jr ( 1985年 - 1986年 )
  • ダナ・カーヴィ ( 1986年 - 1993年 )
  • マイク・マイヤーズ ( 1989年 - 1995年 )
  • アダム・サンドラー ( 1991年 - 1995年 )
  • ウィル・フェレル (1995年-2002年)
  • ダレル・ハモンド (1995年-2009年) ※14年間レギュラーの最長記録
  • ティナ・フェイ ( 1997年 - 2006年 ) ※前ヘッドライター。自身と当番組をモデルとしたコメディ『 30 rock 』の主演・脚本・製作総指揮を務める。
  • ジミー・ファロン ( 1998年 - 2004年 )
  • クリス・パーネル ( 1998年 -2006年)
  • ホレイショ・サンツ (1998年-2006年)
  • マーヤ・ルドルフ ( 2000年 - 2007年 )
  • エイミー・ポーラー (2001年-2008年)
  • ウィル・フォルテ (2002年-2010年)
  • フィネス・ミッチェル (2003年-2006年)
  • アンディ・サムバーグ (2005年-2012年)
  • クリステン・ウィグ (2005年-2012年)

ほか多数

頻出ホスト・音楽ゲスト

5回以上ホストを務めたゲスト( Five-Timers Club )は以下の通り。

  • アレック・ボールドウィン (16回)
  • スティーヴ・マーティン (15回)
  • ジョン・グッドマン (12回)
  • ポール・サイモン (11回) - うち司会:3回 / 司会・音楽ゲスト:1回 / 音楽ゲスト:7回
  • バック・ヘンリー (10回)
  • トム・ハンクス (10回)
  • デイヴ・グロール (9回)
  • チェビー・チェイス (8回) ※かつてレギュラーの経験あり
  • トム・ペティ (8回) - 全て音楽ゲストとして出演
  • クリストファー・ウォーケン (7回)
  • ランディ・ニューマン (6回) - 全て音楽ゲストとして出演
  • エリオット・グールド (6回)
  • ジェームス・テイラー (6回)
  • ダニー・デヴィート (6回)
  • エリオット・グールド (6回)
  • スティング (6回) - うち司会:1回 / 司会・音楽ゲスト:1回 / 音楽ゲスト:4回
  • ベック (6回) - 全て音楽ゲストとして出演
  • ドリュー・バリモア (6回)
  • キャンディス・バーゲン (5回)
  • ビル・マーレイ (5回) ※かつてレギュラーの経験あり
  • フー・ファイターズ (5回) - 全て音楽ゲストとして出演
  • デイヴ・マシューズ (5回) - 全て音楽ゲストとして出演
  • ジョン・ボン・ジョヴィ (5回) - うち司会:1回 / 音楽ゲスト:4回
  • エミネム (5回) - 全て音楽ゲストとして出演
  • ジャスティン・ティンバーレイク (5回)
  • ベン・アフレック (5回)

カメオ出演

ホストや音楽ゲストの他にも多数の著名人(政治家、俳優、ミュージシャン)が不定期にカメオ出演する。(名前はクレジットされない)

  • バラク・オバマ (第44代アメリカ合衆国大統領:2007年11月3日放送)
  • ヒラリー・クリントン (オバマ政権・第67代アメリカ合衆国国務長官:2008年3月1日放送)

ほか多数

概要

アメリカのバラエティ番組でも最長寿番組のひとつであり、番組はレギュラーに、ホスト(メインゲスト)1名と音楽ゲスト1組というのが基本構成であ る(ホストが音楽ゲストを兼ねる場合や、音楽ゲストがコントに参加する場合もある)。   この30年というもの、アメリカの主要なコメディアンのための 登龍門 であり、 ジョン・ベルーシ 、 ダン・エイクロイド 、 ビル・マーレイ 、 エディ・マーフィー 、 マイク・マイヤーズ 、 ウィル・フェレル といった、 日本 でも著名なコメディアンを輩出している。また、 ピーボディ賞 や 全米脚本家組合賞 などのテレビ賞を多く受賞しており、 プライムタイム・エミー賞 の常連ノミネートおよび受賞番組でもある。

日本のバラエティ番組『 オレたちひょうきん族 』や『 ワンナイR&R 』( フジテレビ 系列)は、この番組をモデルとしていると言われており、日本のバラエティ番組作りにも大きな影響を与えている。

また、この番組のフォーマットは海外にも販売されており、これまでに イタリア 、 スペイン 、日本、 韓国 で各国のオリジナルバージョンが制作されている。

番組の構成

番組は通常以下のパターンで構成される。

唐突にタイトルもなく政治や時事ネタの寸劇が始まり、オチに誰かが、「Live from New York, it's Saturday Night!」と叫ぶお馴染みのオープニング(Cold Open)から始まる。

そして、テーマソングが演奏され、自由の女神のショットとニューヨーク周辺の様々な場所でカットしたキャストメンバーのモンタージュで始まるオープニングクレジットが流れる。番組のテーマソングは サタデーナイトライブバンド により生演奏され、35年以上もの間に何度も曲し直されているが、基本的に同じコード・パターンである。

オープニングクレジットの後、ホストによるオープニング・モノローグが行われ、その後はしばしばテレビコマーシャルパロディが続く。

番組は、一連のコントなど(人気キャラクター、ギャグ、有名人の物真似、映画やテレビ番組のパロディ、時事ネタ)の後、音楽ゲストによる演奏が披露される。番組の折り返しに、時事ニュースのパロディである「Weekend Update」が入る。

後半は、さらに多くのコントの後、音楽ゲストの再登場となる。それから、レギュラーメンバーのVTRコント等が流れ、メインゲストによるエンディングか、まれにエンディング代わりの音楽ゲストによる3曲目が演奏されて、番組が終了する。


BRIDSMAIDSMOVIE.jp