サタデーナイトライブの歴史

1974年 にNBCの深夜番組の成局長であった ディック・エバーソル が ローン・マイケルズ に土曜深夜のバラエティー番組の製作を依頼。ローン・マイケルズが シカゴ を拠点とする 即興 コメディ 劇団 「 セカンド・シティ 」から出演者、脚本家をめて製作を開始。

当初から「サタデーナイトライブ」という番組名にしたかったが、 ABC の「 Saturday Night Live with Howard Cosell 」 の影響で1975年10月11日に「NBCサタデーナイト」として放送開始。番組名は「サタデーナイト」だが、「ライブ」という言葉をどこかに入れたかっ たため、「Live from New York, it's Saturday Night!」という台詞が生まれた。 1976年 にABCの番組が終了。これに伴いNBCがABCから番組名の権利を買い取り、 1977年 3月26日の放送から現在の番組名になった。

1980年 に製作方針と権利関係でNBCと対立したことが原因となり、シーズン5を以ってローン・マイケルズとオリジナルキャスト、ほとんどのスタッフと放送作家は番組を離れた。シーズン6は、番組に残った数少ないスタッフの一人である ジーン・ドーメニアン によって製作されたが、ローン・マイケルズに ロイヤリティ を 払わなくて済む様に番組構成をそれまでと完全に変え、出演者、スタッフ、放送作家を一新。しかしこれが裏目に出て視聴率が低迷。さらに新しい出演者の一人 が(意図した物では無かったが)番組史上初めて放送禁止用語を口にしたり、ジーンがNBCを激怒させた(NBCの上層部が性接待を強要しているという内容 のコント)ため、NBCはジーンとその出演者を解雇した。

このため、シーズン7 - 10はエバーソル自らが エグゼクティブプロデューサー として指揮を執ることになった。エディ・マーフィー、 ジュリア・ルイス=ドレイファス 、 ジェームズ・ベルーシ 等の活躍もあったが視聴率は低迷し続け、NBCは1985年に一旦番組の終了を決定する。

そこで、エバーソルはシーズン11以降ローン・マイケルズを呼び戻し、番組存続を求めてNBC上層部を説得。以降ローン・マイケルズは現在に至るまで、エグゼクティブプロデューサーの地位にある。

2005年 1月に、NBCは 2012年 までの番組契約を更新している。

責任重大Bride's Made

館山・別荘2〜3月のシーズン中の不動産屋さんは大変混雑していて、ゆっくり相談できないこともありますので、自分の希望するお部屋の条件はしっかりと決めていきましょう!

番組のコーナーがベースの映画

ブルース・ブラザース 』( 1980年 )を最大の成功作として、初期の頃から番組のコーナーなどをベースとした映画が数多く制作された。しかしながら、『ブルース・ブラザース』以降は、ローン・マイケルズの制作会社であるブロードウェイ・ビデオが制作した『 ウェインズ・ワールド 』( 1992年 )まで、興行的に成功するものがなかなか出なかった。『ウェインズ・ワールド』の成功以降、1970年代の人気キャラクターである『 コーン・ヘッズ 』( 1993年 )の映画化など積極的な展開を見せているが、必ずしも順調な成績を上げているものではない。

日本においては、キャラクターになじみがないため、『ブルース・ブラザース』を除いては、ほとんど話題にならず、例外的に一般公開された『ウェインズ・ワールド』も興行的に成功しなかった。その他の作品は、字幕入りビデオやDVDの発売も一部にとどまっている現状である。

主な作品

  • ブルース・ブラザース The Blues Brothers (1980年)
  • ウェインズ・ワールド Wayne's World (1992年)
  • ウェインズ・ワールド2 Wayne's World 2 (1993年)
  • コーン・ヘッズ Coneheads (1993年)
  • いとしのパット君 It's Pat (1994年)
  • アル・フランケンはMr.ヘルプマン Stuart Saves His Family (1995年)
  • ロクスベリー・ナイト・フィーバー A Night at the Roxbury (1998年)
  • ブルース・ブラザース2000 The Blues Brothers 2000 (1998年)
  • スーパースター 爆笑スター誕生計画 Superstar (1999年)
  • レディース★マン The Ladies Man (2000年)
  • マクグルーバー MacGruber (2010年)

笑ってください!腹の底から!

その他

  • 日本では、1980年頃に テレビ東京 の深夜枠で放映されていた。1999年 - 2005年にも スーパーチャンネル(現:Super!drama TV) でも放映された。またかつて、音楽ゲストのパフォーマンス部分だけをした番組が NHK-BS2 で放映されていた。
  • 『 カルトQ 』( フジテレビ 系クイズ番組)でテーマとして取り上げられたことがある。あまりにマイナーなテーマであったため、回答者がまらず、回答者5人枠のところ4人で放映された。
  • アメリカでは、 iTunes Store にて過去の放送を購入することができる。ただし、音楽ゲストの楽曲や一部内容が権利上の関係でカットされている。また、シーズン6から30の放送回は販売されていない。

DVD

ポニーキャニオン より以下のDVDが発売されている。

  • サタデーナイトライブ 25イヤーズ・オブ・ミュージック DVDスペシャルBOX PCBE-50742 / 2003年12月3日発売
  • サタデー・ナイト・ライブ ベスト・オブ・25th アニバーサリー PCBP-51222 / 2004年7月14日発売
  • サタデー・ナイト・ライブ ベスト・オブ エディー・マーフィー PCBP-51219 / 2004年7月14日発売
  • サタデー・ナイト・ライブ ベスト・オブ マイク・マイヤーズ PCBP-51220 / 2004年7月14日発売
  • サタデー・ナイト・ライブ ベスト・オブ アダム・サンドラー PCBP-51221: 2004年7月14日発売
  • サタデー・ナイト・ライブ ベスト・オブ トム・ハンクス PCBP-11795 / 2006年10月18日発売
  • サタデー・ナイト・ライブ ベスト・オブ・ジョン・ベルーシ PCBP-11818 / 2007年12月5日発売
  • サタデー・ナイト・ライブ ベスト・オブ・ダン・エイクロイド PCBP-11819 / 2007年12月5日発売
  • サタデー・ナイト・ライブ ベスト・オブ・サタデーTVファンハウス PCBP-11817 / 2007年12月5日発売
  • サタデー・ナイト・ライブ コンプリート・ファースト・シーズン PCBP-61816 / 2008年3月19日発売

海外展開

  • 2006年 より、 イタリア で初めて海外へのローカライズ版が制作。『Saturday Night Live from Milano』または『Saturday Night Live Italy』のタイトルで制作され、 Italy 1 で2011年現在も放送されている。
  • 2009年 に、2番目のローカライズとなる スペイン 版が1シーズンだけ制作され、 Cuatro TV で放送された。
  • 2011年 6月より、3番目のローカライズとなる 日本 版『 サタデー・ナイト・ライブ JPN 』が、 フジテレビ と 吉本興業 の制作により、月1回のペースで放送された。基本的構成はアメリカのオリジナル版に準じつつ、製作スタッフ・出演者は概ね日本人が担当。 明石家さんま ・ 今田耕司 らがレギュラーとして出演。
  • 同年12月より、4番目のローカライズとなる 韓国 版が『Saturday Night Live Korea』のタイトルで制作され、 tvN で放送された。

BRIDSMAIDSMOVIE.jp