ブルース・ブラザース2000

本当に残念だったのは「ジェイク役」のジョン・ベルーシが亡くなってしまたこと・・。でも、さらに爽快感の増した「2000」も元気出ます!

ブルース・ブラザース2000 』( The Blues Brothers 2000 )は、『 ブルース・ブラザース 』( 1980年 )の続として 1998年 に公開された アメリカ映画 。

キャスト

  • エルウッド・ブルース:ダン・エイクロイド(吹替: 玄田哲章 )
  • マイティ・マック:ジョン・グッドマン(吹替: 福田信昭 )
  • バスター・ブルース:J・エヴァン・ボニファント(吹替: 亀井芳子 )
  • キャブ・チェンバレン: ジョー・モートン (吹替: 田中正彦 )
  • スティーブ"ザ・カーネル"クロッパー: スティーヴ・クロッパー
  • ドナルド"ダック"ダン(バンドのベースギター): ドナルド・ダック・ダン
  • マーフィ"マーフ"ダン(バンドのキーボード): マーフィ・ダン
  • ウィリー"トゥー・ビッグ"ホール(バンドのドラム): ウィリー・ホール
  • トム"ボーンズ"マローン(バンドのトロンボーン): トム・マローン
  • "ブルー・ルー"マリーニ(バンドのサックス): ルー・マリーニ
  • マット"ギター"マーフィ(バンドのギター): マット・マーフィ
  • アラン"ミスター・ファビュラス"ルービン(バンドのトランペット): アラン・ルービン
  • マタラ: シャーン・ジョンソン
  • クレオファス・ジェームズ牧師: ジェームス・ブラウン (吹替: 茶風林 )
  • マット"ギター"マーフィの妻: アレサ・フランクリン (吹替: くじら )
  • レイ: レイ・チャールズ
  • 刑務所長: フランク・オズ
  • クイーン・ムセット: エリカ・バドゥ
  • マーヴィン・ガスペロン(「ルイジアナ・ゲーター・ボーイズ」): B.B.キング (吹替:茶風林)
  • 「ルイジアナ・ゲーター・ボーイズ」のメンバー
    • エリック・クラプトン (ギター、ボーカル)
    • ボー・ディドリー (ギター、ボーカル)
    • アイザック・ヘイズ (ボーカル)
    • ジャック・ディジョネット (ドラム)
    • スティーヴ・ウィンウッド (オルガン、ボーカル)
    • ジェフ・バクスター (ギター)
    • ゲイリー・U.S.ボンズ (ボーカル)
    • クラレンス・クレモンズ (サックス)
    • ジョン・ファディス (トランペット)
    • ドクター・ジョン (キーボード、ボーカル)
    • トミー・マクドネル (ボーカル)
    • チャーリー・マッセルホワイト (ハーモニカ、ボーカル)
    • ビリー・プレストン (キーボード、ボーカル)
    • ルー・ロールス (ボーカル)
    • ジョシュア・グッドマン (サックス)
    • ココ・テイラー (ボーカル)
    • トラヴィス・トリット (ギター、ボーカル)
    • ジミー・ヴォーン (ギター、ボーカル)
    • グローヴァー・ワシントン・ジュニア (サックス)
    • ウィリー・ウィークス (ベース)
  • エリゾンド警部: ニア・ピープルズ
  • ロシア 人 マフィア : ミハエル・ボンダー

責任重大Bride's Made

続編

NBC の人気番組「 サタデー・ナイト・ライブ 」の、同名の人気コーナーのキャストとバンドをベースに、ストーリーをつけて1980年に映画化され大ヒットした『ブルース・ブラザース』の続として制作された。

豪華なキャスト

既に故人となっていた ジョン・ベルーシ と キャブ・キャロウェイ 、 ジョン・キャンディ ら以外のほとんどのキャストが再登場、また B.B.キング や エリック・クラプトン 等 といった大御所ミュージシャン多数が新たに特別出演した為話題となった。「ザ・ブルース・ブラザーズ・バンド」の1人でギタリストのマット・マーフィは、 『Making of The Blues Brothers 2000』でのインタビューにおいて、「キングやクラプトンなんて、一体どうやって呼んだんだろう」と驚愕していた。

興行収入

上記のように豪華なキャストを誇ったものの、アメリカ国内の劇場における興行収入は4,000万ドル以上を記録した前作と比べて低い1,400万ドルにとどまり、制作費の半分を回収したにすぎなかった。しかし 日本 や ヨーロッパ での興行収入や、 DVD やサウンドトラック などの売り上げにより収益を上げている。

監督 ジョン・ランディス
脚本 ダン・エイクロイド
ジョン・ランディス
製作 ダン・エイクロイド
ジョン・ランディス
レスリー・ベルツバーグ
製作総指揮 バーリン・ブリスタイン
出演者 ダン・エイクロイド
ジョン・グッドマン
ジョー・モートン
音楽 ポール・シェイファー
撮影 デイヴィッド・ヘリントン
  デール・ベルディン
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 1998年2月6日
1998年5月30日
上映時間 123分
製作国 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $28,000,000
興行収入 $14,051,384

笑ってください!腹の底から!

Microsoft Officeのデータも使用可能!当社なら格安冊子印刷@あくせすぱーくへ!

ダン・エイクロイド

ダン・エイクロイド(Dan Aykroyd、[- éikrɔid]、1952年7月1日 - )は、カナダ出身のコメディアン、俳優、脚本家、ミュージシャン。左利き。

フィルモグラフィー

  • ダン・アイクロイドのひと目惚れLove at First Sight(1977年)
  • 1941 1941 (1979年)
  • ブルースブラザーズ The Blues Brothers (1980年)(脚本も)
  • ネイバーズ Neighbors (1981)
  • ダン・アイクロイドのDr.デトロイトを探せ! Doctor Detroit (1983年)
  • トワイライトゾーン/超次元の体験 Twilight Zone: The Movie (1983年)
  • インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説 Indiana Jones and the Temple of Doom (1984年)(カメオ出演)
  • ゴーストバスターズ Ghostbusters (1984年)(脚本も)
  • 大逆転 Trading Places (1984年)
  • 眠れぬ夜のために Into the Night (1985年)
  • スパイ・ライク・アス Spies Like Us (1985年) (脚本も)
  • ドラグネット 正義一直線 Dragnet (1987年) (脚本も)
  • カウチ・トリップ The Couch Trip (1988年)
  • 大混乱 The Great Outdoors (1988年)
  • 花嫁はエイリアン My Stepmother Is an Alien (1988年)
  • ゴーストバスターズ2 Ghostbusters II (1989年)(脚本も)
  • ドライビング Miss デイジーDriving Miss Daisy (1989年)
  • キャノンズ Loose Cannons (1990年)
  • 絶叫屋敷へいらっしゃい Nothing But Trouble (1991年)(監督・脚本も)
  • マイ・ガール My Girl (1991年)
  • ハリウッド・ナイトメア Tales from the Crypt (1991年) (ロバート・ゼメキス監督の一編)
  • ディス・イズ・マイ・ライフ This Is My Life (1992年)
  • スニーカーズ Sneakers (1992年)
  • チャーリー Chaplin (1992年)
  • コーンヘッズ Coneheads (1993年)(脚本も)
  • マイ・ガール2 My Girl 2 (1994年)
  • ノース 小さな旅人 North (1994年)
  • キャスパー Casper (1995年)(カメオ出演)
  • ジョン・キャンディの大進撃 Canadian Bacon (1995年)(カメオ出演)
  • スティーブ・マーティンのSgt.ビルコ/史上最狂のギャンブル大作戦 Sgt. Bilko (1996年)
  • フィーリング・ミネソタ Feeling Minnesota (1996年)
  • ポイント・ブランク Grosse Pointe Blank (1997年)
  • ブルース・ブラザース2000 Blues Brothers 2000 (1998年)(プロデューサー・脚本も)
  • アンツ Antz (1998年)(声の出演)
  • しあわせの選択 Stardom (2000)
  • 恋は負けない Loser (2000)
  • エボリューション Evolution (2001)
  • スコルピオンの恋まじない The Curse of the Jade Scorpion (2001)
  • The Frank Truth (2001年)(ドキュメンタリー)
  • ノット・ア・ガール Crossroads (2002)
  • 夢見る頃を過ぎても Unconditional Love (2002)
  • 50回目のファースト・キス 50 First Dates (2004)
  • クランク家のちょっと素敵なクリスマス Christmas with the Kranks (2004)
  • チャックとラリー おかしな偽装結婚!? I Now Pronounce You Chuck & Larry (2007) 日本未公開
  • エージェント・オブ・ウォー War, Inc. (2008) 日本未公開

プロフィール

カナダの首都オタワに生まれ、ケベックで育つ。 オタワのカールトン大学で社会学と犯罪学を学ぶが中退。

コメディ劇団「セカンド・シティ・ワークショップ」のトロント支部に在籍、同劇団のシカゴ本部に在籍していたジョン・ベルーシと知り合い、親友となる。1975年からNBCテレビの『サタデー・ナイト・ライブ』にオリジナルメンバーとして参加、『コーンヘッズ』などの名キャラや、ミスター・スポックやジミー・カーター等の著名人の物まねで人気を博す。同番組から生まれた『ブルースブラザーズ』のジェイク(ジョン・ベルーシ)の弟のエルウッド役が有名。

ベルーシやエディ・マーフィー、チェビー・チェイスなどアクの強い人とコンビを組むことが多く、存在が地味だが、『ブルースブラザーズ』、『ゴーストバスターズ』、『スパイ・ライク・アス』などの名作の脚本を手懸ける才人としても知られる。映画デビューは1977年の『ダン・アイクロイドのひと目惚れ』。

1982年に良き相棒であり、親友であったベルーシを失った後はやや精彩を欠いたが、『ゴーストバスターズ』で本来の持ち味を発揮。1985年にはUSAフォー・アフリカに参加し、ウィ・アー・ザ・ワールドのコーラスを担当。1989年には『ドライビング Miss デイジー』でジェシカ・タンディの息子役を演じ、アカデミー助演男優賞にもノミネートされ、俳優としての新境地を拓いた。また、ラジー賞にも数回ノミネートされ、2度の受賞歴がある。

1981年に『ブルースブラザーズ』のプロモーションでジョン・ベルーシと共に来日も果たした。その際には、ベルーシと共に吉祥寺のライブハウスも訪れている。90年代半ばにフジテレビのマスコット・キャラクターとして登場し、「またお会いしましたね」のフレーズで日本のテレビCMにも出演した。

プライベート

  • 右目は緑、左目は茶色という虹彩異色症。左利き。
  • エイクロイドの作品には、彼の趣味や嗜好であるR&Bやバイク、自動車、警察が活かされているが、心霊やUFOなどの超自然現象にも非常に造詣が深く、それは『ゴーストバスターズ』に反映されている。
  • 一時期、キャリー・フィッシャーと婚約していた。
  • Doctor Detroitで競演したドナ・ディクソンと1983年に結婚、娘が3人いる。

バラエティの王道!

オゲレツも爽快に!

さいたま 不動産で条件別こだわり検索☆マンションにもお庭が欲しい!!収納バッチリ!!グルニエ・ロフトが付いてる家、お客様のご希望に合ったお家探しましょう♪

BRIDSMAIDSMOVIE.jp